シェアリングバッテリー導入事例:御殿場

本記事では静岡の御殿場プレミアム・アウトレットにおけるPowerNowシェアリングバッテリーサービス導入事例を紹介します。

 

<御殿場プレミアム・アウトレット> 

御殿場プレミアム・アウトレットは静岡県御殿場市にある国内最大規模のアウトレットモールで、三菱地所が全国で9か所運営する「プレミアム・アウトレット」の一号店です。 

全体の敷地面積が400,000㎡以上ととても広く、「イーストゾーン」「ウエストゾーン」「ヒルサイド」の3つのエリアから構成され、エリア間は橋でつながっています。 

富士山が見えるロケーションに加え、飲食、服飾、スポーツ用品など様々な店舗が出店しており、日本人はもちろん外国からの観光客にも人気があります。 

東京ICから車で約70分、東京方面、横浜方面などからは直行バスが出ています。

<PowerNowバッテリー設備>

2020年1月に設備の導入を実施し、計3台の設備を敷地内に設置しました。 

設備を維持するためのわずかな電力費用を差し引いても着実に収益を出すことができています。

<レンタルバッテリー導入を通して>

国内最大級の商業施設ということもあり、大勢の人が訪れ、買い物をしていきます。施設が広く、お店の種類もたくさんあるためスマホで連絡を取ったり、店舗情報を調べたりするためバッテリーの消耗が激しく、レンタルバッテリーが必要になる場面が多いです。 

またPowerNowのレンタルバッテリーサービスは世界各地に展開しているため、外国人旅行客からの認知度が高く、レンタル方法も簡単なため幅広い層のユーザーに利用されています。

PowerNowは多数のサイズの設備ラインナップを取り揃えているため、様々な施設での運用に対応可能です。 また過去には設置場所にちなんだキャラクターなどのラッピングを施した実績もあり、高い宣伝効果を付与することができます。 

レンタルバッテリー設備の導入を検討されている店舗様はぜひPowerNowをご活用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。